ザッピング・ライフ

超仙人系男子が綴る、新しい地球の歩き方。

東京

あのとき感じた

高揚感は

あとかたもなく

消え去って

 

私の隣りには

ドス黒い

空気の死骸が

消失感とともに

横たわる

 

どうして

こうなってしまったのだろうか

 

テレビもない部屋で

ひとりぼっち

 

窓から入ってくるはずの光が

幻であることなど

とっくに気づいているはずなのに

 

ああ

どうして届いてくれないのか

 

私はこんなにも

あなたの近くで

ずっと

叫び続けているのに

 

一雫の涙が

この世界の真ん中に落ちて

信じられないほどの

爆風を巻き起こしていく

 

そんな未来が

もう目の前に

やってきていることも知らずに

 

君は

まだ眠り続けている