ザッピング・ライフ

超仙人系男子が綴る、新しい地球の歩き方。

RADWIMPSのHINOMARU炎上騒動とは何だったのか?(前編)

f:id:yuya-odahara:20180811215804j:plain

 

こんにちは。

超仙人系男子、たっしーです。

 

連日の猛暑により、一日一アイスが欠かせない今日この頃ですが、

今更感ありますがこの話題。

 

RADWIMPSHINOMARU炎上騒動について私の考察を書きたいと思う。

 

若者に人気のロックバンドRADWIMPSが今年6月に発売したアルバム「カタルシスト」の中に収録されている「HINOMARU」という曲の歌詞が、SNS上で「愛国的だ」「軍歌だ」と批判され炎上した。

それについて、この曲の作詞を担当したRADWIMPS野田洋次郎さんがSNS上で謝罪した。

この一連のメディアの報道がHINOMARU炎上騒動である。

 

私はこの騒動に2つのことを感じた。

1つ目は人の「部分的な情報処理の性質からくる思い込み」の怖さだ。

RADWIMPSの野田さんはこの曲を発表する前にSNSで次のことを言っている。

 

「(省略)世界の中で、日本は自分たちの国のことを声を大にして歌ったりすることが少ない国に感じます。歴史的、政治的な背景もあるかもしれません。色んな人がいて、色んな考え方があります。誰の意思や考え方も排除したくありません。

 

僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました。自分が生まれた国をちゃんと好きでいたいと思っています。

 

まっすぐに皆さんに届きますように」

 

野田さんの観点は「思想的な意味も右も左もなくこの国のことを歌たいたい」というところだ。

純粋に日本の国のことを歌いたい。

この観点からHINOMARUの歌詞はつくられている。

 

そして

批判のコメントは「愛国的」「軍歌」という指摘。

これはどの観点からの批判かというと政治的な思想の観点だ。

その観点から観てHINOMARUの歌詞は戦争を思わせるのではないか、だから良くない。という論理展開になっている。

 

「私は日本という国が好きだ」といったら、「戦争やろうぜとは何事だ」といっているようなものだ。

批判のコメントの観点がどう考えても論点がずれた批判であることが分かる。

 

それにも関わらず、メディアは批判というところだけとって

RADWIMPSがいかにも悪いことをしたと受け取れるような報道の仕方をしている。

 

さらに、この批判に対してRADWIMPSの野田さんがSNSでこのような謝罪文を出した。

 

「戦争が嫌いです。暴力が嫌いです。どんな国のどんな人種の人たちとも手を取り合いたいです。(中略)HINOMARUの歌詞について軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません。

そのような具体的な歌詞も含まれていません。この曲は日本の歌です。(中略)みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです。

(色んな人の意見も聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるのかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした。(以下省略)」

 

 

RADWIMPSの野田さんは始めから思想的な観点から書いていませんといっているにも関わらず、丁寧にもう一度背景を説明している。

そして歌詞の内容が戦時中と結びつけて考えられる可能性もある、それによって傷ついてしまった人に対して謝罪をしているのである。

 

例えるなら、

青森のリンゴをイメージして、私はアップルが好きだと言ったのだけれども、もし仮にあなたがWindows派でMacのことがとても大っ嫌いで嫌な想いをさせてしまったのであればごめんなさい。

といっているようなものだ。

 

つまり、曲をつくったことに対して謝罪をした訳ではなく、誤解をさせてしまう可能性があったことに対して謝罪をしているのである。

 

この謝罪に対してもメディアは

RADWIMPSが謝罪した!というところだけを強調するような見せ方をしている。

 

nTechでは脳のクセを規定している。

人間の脳は部分だけをとって、過去とつなげてとるというクセがある。

過去のイメージは育った背景や文化は人それぞれ違う。

そのため人それぞれ異なるイメージである事象を受け取ってしまうことになる。

脳が部分だけをとり、それぞれの過去とつなげて思い込みができ、それぞれの思い込みが異なるため摩擦衝突が起き、感情を逆撫でし、争いが生まれる。

これが争いが生まれるメカニズムだ。

 

この曲が戦争を想起させると批判した人たちが

実は自分たちが戦争を起こす原因となりうる可能性を持っているということに気づいていないことが私は恐ろしいと思う。

 

いやいやそういうあなたも批判してるじゃないか!

そんな声が聞こえてきそうなので断言しておく。

私は確かに批判している。

ただ、私が批判しているのは人間の脳に依存する認識の仕方の一点のみだ

ということをここではっきりと言っておきたい。

 

批判する理由はより良い代案があるからに他ならない。

 

RADWIMPSHINOMARU炎上騒動とは何だったのか?(後編)につづく