ザッピング・ライフ

超仙人系男子が綴る、新しい地球の歩き方。

人生の転機になった超癒し系おじさんとの出会い(第4話)

明確な答えを得て、観えてきたもの

f:id:yuya-odahara:20180517005558j:plain

私は明確な答えを得てしまった。

 

どうして人は孤独になってしまうのか?

人間は何のために生まれてきて

どこに向かって行けばいいのか?

 

その答えが明確に理解できてしまったのだ。

 

まさか私の人生の中で

そんなことが自分の身に起きるなんて

夢にも思っていなかった。

 

まるで

地味で冴えない平凡な主人公が

ある日突然自分は魔法使いだと

知らされてしまう物語のような

 

奇跡が起きてしまったのである。

 

奇跡と出会った私が

その場所から観えてきたものは

どんな物語よりも

美しくて壮大なストーリーだった。

 

今の私がしている変化を創る仕事

f:id:yuya-odahara:20180517005827j:plain

私自身、

本当に別人のように変化してしまった。

 

以前の私は人見知りで自分から話しかけることもできなかったが、

今の私は街でその辺りを歩いている人に声をかけて

仲良くなってそれから居酒屋に行き

おごってもらうことが出来るほど

人との出会いを楽しめるようになり

コミュニケーションや関係性のコンサルができるようになった。

 

以前は女性の前では緊張してろくに会話もできなかった私が、

今ではすぐに彼女ができ、

一ヶ月でプロポーズし

半年後に結婚して

夫婦やパートナーシップのコンサルができる私になった。

 

単に変化といっても

自分の悩みがすこし改善されるとか

そういう次元の変化ではない。

 

自分の本当の可能性に気づき

心の奥底から自然と沸き上がってくる

ワクワクとともに

自由自在に現実を

創って行くことができる

そういう圧倒的な生き方の変化だ。

 

その変化を可能にさせるのが

n-Techだ。

n-Techは変化の仕組みだ

 

そのツールを使って

今の私は変化を創る仕事をしている。

それは大きく分けると2つある。

 

一つは目の前の人の変化を創ること。

 

あなたは今

変化したいと思っているだろうか?

 

貧乏な私からお金持ちの私へ

自信のない私から自信のある私へ

やる気のない私からやる気に溢れる私へ

不幸な私から幸せな私へ

 

それらはすべて変化である。

もしあなたが変化できないのであれば

変化できない理由はたった一つ

 

「変化の仕組みを知らないからである。」

 

私が出会った

超癒し系おじさんが私に言った

「正しく知ること」とは

変化の仕組みのことだったのだ。

 

 

それからもう一つ

私たちが生きる社会の変化を創ること。

 

今の社会は複雑な社会だ。

今まで私たちはいろんな問題で苦しんできた。

うつ、自殺、殺人、テロ、戦争。

経済格差、環境問題。。

世界にはたくさんの問題が山積している。

 

それらの問題は解決されるどころか

ますます複雑にからみ合っているようにも見える。

もうお手上げ状態だ。

なぜ、それらの問題は解決しないのだろうか?

 

それは私たちが「変化の仕組みを知らないから」である。

 

変化の仕組みを使って解析すれば

今まで解決できなかった問題の根本原因が明確に分かり、

解決する方法も明確に分かる。

そして

これからの社会がどの方向性に向かっていくのかが明確に分かる。

 

これからの社会はすっきりワクワクな社会だ。

これからの社会はすべての問題がシンプルに解決され

すっきりワクワク生きられる人が溢れ

誰もが心と心でつながることが出来る安心の社会になる。

 

私たちはそんな社会の変化を

この時代の意志と一つになって

能動的に創っていくことができる。

 

そしてそのきっかけがここ日本にある。

ということに

どれだけの人が気づいているだろうか?

 

 

日本に秘められた可能性

f:id:yuya-odahara:20180517010108j:plain

 

今の日本がどれだけ可能性を秘めているのか。

私たちは知らない。

 

それは昔

私の祖父がまだ子供だった頃

日本は戦争に負けた。

 

原爆が落とされ都市は破壊され、

たくさんの人たちの命が奪われた。

破壊されたのはそれだけではなく

それまでの日本の豊かな精神性も。

 

GHQによって新しい教育が導入され

TVが人々を洗脳した。

アメリカはすごい国だ

そんな国に日本は勝てる訳なかった。と

 

私たちの親はなんて馬鹿なことをしたんだ

当時の子供はそう思ったに違いない

 

私たちはもう二度と

熱くなんかなったりしない

人に迷惑をかけたりしない

そう心の奥底で決断した。

 

何もかもを失った時代に

私の祖父はわけもわからず

激動の時代を生きたのだろう

 

その涙が今だったら分かる。

愛情の伝え方も分からず

怒りで表現していたのかもしれない。

 

その子供に育てられた私たちの世代は

生まれた時から

愛が何なのかわからない

人を愛することができない

 

熱くなっている人をバカにして

どうせ無理だとあきらめる。

 

考えることを奪われ

毎日満員電車に揺られて

音楽を聴きながらスマホを片手に

会社へと向かう

 

全てはそうさせられているというのに

それにも気づくことなく

毎日はただただ

過ぎていく。

 

人間の尊厳が壊されている

日本の尊厳が奪われている

 

悔しい。

 

先人達の意志と切り離されて

麻痺させられていることが

ほんとうに

悔しい

 

そんなもんじゃないだろ!

 

と私たちは

私たちに問いかける。

 

怒りは

人を責めるために使うものではない

時代を変えるために使うものだ

 

もっと

熱くなりたい

つきぬけたい!

生ききりたい!

 

そんな熱い気持ちが

必ず

心の奥に

あるはず

 

日本の

可能性は

他の国のそれを

遥かにしのぐ

 

私たちはまだ、それを知らない。

 

和をもって尊しとなす

そうやって

日本の政を行った人がいた

 

今の時代こそ

世界がそれを必要としている。

 

今だ。

明日から本気を出すなんて

悠長なことはいってられない

 

私たちが今、

私たちの可能性に気づくとき

 

私たちは自ら

私たちの進む道を創ることができるんだ。

 

f:id:yuya-odahara:20180517005953j:plain

 

 

ザッピング・ライフ 

 

「変化を創る生き方 」

 

 

 

人生の転機になった超癒し系おじさんとの出会い

Fin

 

※このお話はノンフィクションです。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら⇩

https://www.secure-cloud.jp/sf/1526702331PanSpcMq

 

 

 

#わたしの転機

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン「りっすんブログコンテスト〜わたしの転機〜」
Sponsored by イーアイデム