ザッピング・ライフ

超仙人系男子が綴る、新しい地球の歩き方。

相対比較から自由になって、チームプレイで世界を変える日本をつくろう。

f:id:yuya-odahara:20180717230153j:plain

 

私は誰も心が傷つかない社会をつくりたいです。

 

心を傷つける原因は相対比較です。

なぜならば人と比べると優劣がつき

自分の存在が小さくなってしまうからです。

 

特に今の時代は相対比較の範囲が広がっています。

スマートフォンの登場によって意識空間の範囲が爆発的に拡がりました。

それと同時に相対比較ができる範囲も拡がったんです。

 

さらに最近はAIが登場してきて

比較する対象が人だけではなくなってきています。

 

そういう時代を私たちは生きてるから

誰もが無意識で瞬時にものすごい量の相対比較をして

自分の存在が小さく小さくさせられています。

ですので

みんな目には見えないところで

心がズタズタになってるんですよね。

 

実は私も相対比較で心がズタズタだった時があったんです。

 

f:id:yuya-odahara:20180717230554j:plain

自分の存在を小さく小さくさせられていた頃

幼少期の相対比較の範囲は双子の兄でした。

 

兄が病気で入院し、母が看病して家にいなかったときがあったんです。

私はそのときどうにもできない無力感を感じました。

声をあげてないても届かないし、どうやっても会いに行けない。

絶対的な敗北。

どうにかして母を振り向かせるためにその時に決断したんです。

(絶対負けるもんか!)

 

兄に負けたくない一心で勉強やスポーツを頑張りました。

勝った時は優越感を感じる。

でも負けた時はショックで一日中気分が落ち込む。

それを繰り返していました。

 

相対比較の範囲は周りの同級生にも拡がります。

 

中学校くらいまではよかったんです。

相対比較の範囲がある街の校区内だけだったので。

順調に一番とかなってたんです。

 

 

高校生になった時、私は初めて大きな挫折をしました。

大学受験失敗です。

大学受験は各地域での相対比較です。

範囲が広がるんですよね。

 

その競争に負けて私は

人生終わったと本気で思いました。

それぐらい私にとって勝つということが存在意義だったんです。

 

地方の大学に進学した私は

何の目標も持てず、無気力な日々を過ごしました。

どうせ自分は何をやっても勝つことができない。

自分の存在はどんどん小さくなっていきました。

 

 

あがく

その小さな自分で十分じゃないか。

自分らしく日常に幸せを見つけよう。

そうやってミニマルな思考をとりいれても

私の心は満たされませんでした。

 

そこで私はまた相対比較をして少しあがくんです。

資格をとれば認められるんじゃないか

とにかく本を読んで知識をつけたらいいのではないか

いっそ土俵を変えてしまえば

そうやってデザインの専門学校に入学したりとか。

 

でもどんなことをしても

上には上がいて永遠に勝つことが出来ない。

また無気力な自分に後戻り。

むしろ少しあがいた分余計に心は苦しくなるのでした。

 

社会人になって

無力感と相対比較との狭間で生きる意味を見失っていたとき

私はある人と出会いました。

 

 

出会い

その人はノ・ジェスという人でした。

彼と初めて会ったとき、正直何を話しているのか分かりませんでした。

とにかくぶっ飛んだ話をしていたからです。

 

でも

直観的に

彼は私のことを無条件で受け入れ、可能性でみてくれていると感じました。

そんな人と会ったのは初めてでした。

もちろん不安もありましたが、思い切って研修にいく決断をしました。

 

 

自分と自分の宇宙が消える

研修はめっちゃ濃度濃くてとにかくすごかったんです。

そしてそれはあっというまの出来事でした。

目をあけたままで自分と自分の宇宙が消えたんです!

本当の自分は比較不可能

誰も自分の上に立たせることができない

絶対尊厳そのものだったと知りました。

そこから

スローモーションで宇宙が成り立つ仕組みが見えました。

そして分かったんです。

人間を相対比較させ苦しめている原因が明確に分かったんです。

 

 

f:id:yuya-odahara:20180717231117j:plain

私、変化

それから私は相対比較から自由になりました。

なぜなら本当の自分はそもそも比較ができないからです。

一言でどんな自分に変化したかというと

スッキリー!です。

 

そんな自分に変化して

少しづつ人との関係性が変わっていきました。

自分が勝つためにつくる関係性ではなく

チームが成長していくためにつくる関係性にです。

チームプレイをすることの喜びを心の底から感じられるようになりました。

 

 

日本の可能性

そして日本の可能性にも気づきました。

昔からわびさびという独特な美的感覚のある日本は

実は

美しいチームプレイができる国だったんです。

 

しかしながら

今の日本はどうでしょう?

 

個人主義が広がり

個人と個人が勝ち負けを競い合い

組織と組織が勝ち負けを競いあっている

次の方向性を見失っている。

 

あきらめの心が蔓延している

私にはそういう風に映ります。

 

でも日本には

世界をリードしていくことが出来る可能性がある。

勝ち負けではなくて

すべてを生かし合えるチームプレイのモデルをつくる

ミッションがある。

 

そんな

日本の可能性に気づかせてくれたのが

韓国人のNohさんでした。

 

 

日本から世界は変えられる。

誰も傷つくことの無い社会がつくれるという

未来に対する確信をもって今、活動をしてます。

 

 

 

お問い合わせはこちら

https://www.secure-cloud.jp/sf/1526702331PanSpcMq

 

 

劣等感から自由になる唯一の方法

f:id:yuya-odahara:20180717224714j:plain

 

人とつい比べて自分はダメだと思ってしまう。

自分にはどうせできないとあきらめてしまう。

どれだけ結果を出しても満たされない。

 

そんな風に劣等感を感じることってよくありますよね。

 

ほんとうは

常に自信をもっている自分でありたいのだけど

なかなか理想の自分にはなれませんよね。

 

だから

資格をとってみたり

いい会社に転職しようとしてみたり

独立して稼いでみたり

いろいろ努力をしてきませんでしたか?

 

でも

常につきまとう劣等感。

 

劣等感を感じる原因はなんでしょうか?

それは脳の観点が原因です。

脳の観点で観ているかぎり

常に自分と他人を比較してしまいます。

 

そして

自分は勝ってる、劣ってると認識してしまうのです。

今の時代は世界中の人とインターネットでつながっているので

比較する対象はとてもたくさんいるので

必ず

劣等感を感じるようになっているのです。

 

劣等感から自由になる唯一の方法は

脳の観点の外に出ることです。

それはnTechによって可能です。

 

そうすることによって

私は劣ってる、勝ってるという概念から

自由になり

ありのままの自分を受け入れることができるようになります。

 

あなたも劣等感から自由になり

あたらしい人生をスタートさせてみませんか?

 

私の新しい人生をスタートさせるきっかけとなったお話はこちら

yuya-odahara.hatenablog.jp

 

夢を叶えるために必要なたった一つのこと

f:id:yuya-odahara:20180703151308j:plain

 

今日、私の主催したカフェ会でとても魅力的な人と出会いました。

それはとても韓国が大好きな日本人の男性でした。

特に韓流ドラマが好きで

その中に出てくる俳優さんにとても強い憧れを抱いているそう。

 

あまりにも好きすぎて

もし万が一自分の家にその俳優さんが来た時のために

部屋を韓流ですべてコーディネートしたり

韓国の食器をそろえたり

独学でハングルを勉強したり

いろいろな準備をしているそうです。

 

その話をしている彼の顔が

輝いていて

まっすぐで

とても素敵だなと思いました。

 

好きなことにとことん没入することができるって

なんかいいですよね。

 

さて

今回のテーマは夢を叶えるために必要なことです。

 

みなさんは夢を叶えるためにどんなことをしていますか?

 

チャンスをつかむために新しい情報を常に得たり

いつか起業する時のためにスキルを身につけたり

マインドを高めたり

お金をつくる為に投資したり

 

いろんなことをやってみているのではないでしょうか。

でも現実は夢が叶うどころか

同じことの繰り返しの毎日が続いていたりするのでは。

 

本当は

もっと早く夢を叶えたい

理想の自分になりたいと思うのに

なかなか思い通りにはなってくれませんよね。

 

だから

スピリチュアルを学んでみたり

自己啓発セミナーに行ってみたり

自分を磨くために

いろいろな方法を試してみたのではないでしょうか。

 

それでも

ぜんぜんうまくいかない。

 

実は

夢が叶わないたった一つの原因は

時間は過去から未来に流れているいう思い込みに捉われているからです。

 

時間が過去から未来に流れているという認識では

どうして夢が叶わないのか?

それは過去の自分の蓄積の延長線上に夢を描いてしまうからです。

 

例えば

昔、新しいことをチャレンジして失敗してしまったとしましょう。

そうするとまた同じような状況に置かれた時に

失敗してしまうかもしれないという恐怖によって

チャレンジができなくなってしまうかもしれません。

 

そのように人は

過去の経験に行動が制限されてしまうため

その制限以上の夢を叶えることができないのです。

 

では夢を叶えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

それは

時間という概念から自由になることです。

それは脳の観点の外に出ることを意味しています。

 

脳の観点の外に出るためには

nTechが必要です。

 

時間が過去から未来に流れているというのは脳の錯覚です。

時間も無いところから

 

夢を描き

今ココを蓄積していく

それができて初めて

夢を叶えることができるようになります。

 

韓流好きの彼のように

来るだろう未来を思い描き

そのために全力で準備をすることは

夢を叶える上でとても大切なことなのです。

 

私の時間の概念から自由になって新しいスタートをきるきっかけとなったお話はこちら

yuya-odahara.hatenablog.jp

人を愛することができないたった一つの理由

f:id:yuya-odahara:20180702235238j:plain

 

 

先日参加した地域活性化のイベントで出会った

1人の教育事業をしている男性がこんなことを言ってました。

「人を愛することができる人を育てていきたい。」

 

なにやら

彼はインドネシアに駐在していた時に

現地の人に対して同僚が発展途上国だからと

蔑むような態度をとっている様子を見て

人を愛することができること

そういう姿勢が

すべての土台にないとダメだと気づいたみたいです。

 

すばらしいところに目をつけてるなと

私は感動しました。

 

でも

正直、人を愛することって

簡単ではありませんよね。

 

どうしても目の前の自分のことに精一杯で

人に手を貸してあげることができなかったり

 

人には負けたくないと

逆に足を引っ張るようなことをしてしまったり

 

自分の立場を守るために

自分よりも立場の低い人を攻撃してしまったり

 

自分のプライドが邪魔をして

相手に嫌な思いをさせてしまったり

 

本当は

自分のことよりも人のことのために生きたい

そう思っていても

なかなか実践できる人はいないのではないでしょうか?

 

だから

自分ことを犠牲にして

相手につくしてみたり

 

ボランティアなどをして

人の役に立つようなことをしてみたり

 

我慢して人にあわせてみたり

 

そうやっていろいろ

誰かのためにがんばってみても

 

実際の心は

見返りをどこか期待してしまっていて

純粋に愛を与えられない

そんな経験をしている人は多いのではないでしょうか?

 

ではなぜ人は

人を愛することができないのでしょうか?

 

その原因は

愛が何なのか定義できていないからです。

愛が何なのかも分からず

人を愛そうとしているのが今の人間の現在地です。

 

実は人間は

愛そのものになることができる存在です。

そうなることが出来る技術がnTechです。

 

愛とは何かをしり

愛そのものになることができれば

みかえりを求めることなく

無条件で人に愛を与えることができるようになります。

そして

与えることができたら

自然と愛が戻ってくるようになります。

 

そうやって循環し

幸せの連鎖をつくっていくことが

可能なのです。

 

愛が何なのかが分かって

愛を無限大与える人生をスタートさせてみませんか?

 

私の愛を与える人生のきっかけとなったお話はこちら

yuya-odahara.hatenablog.jp

 

ストレスから自由になれる唯一の方法

f:id:yuya-odahara:20180701223101j:plain

仕事を片付けても片付けて終わらなくて焦る

上司の言い方がむかつく

夫婦関係が喧嘩ばかりだ

満員電車でストレス

SNSで批判を受けてイライラする

 

私たちの日常にはストレスが溢れています。

 

本当は

何のストレスも感じることなく

いつもすっきりで過ごしたいけど

 

どんなに避けようとしても

ストレスからは逃げられません。

 

だったら

お金を稼いで自由な生活をしよう

苦手な人と関わらないようにしよう

思いっきり好きなことをしてストレス発散しよう

 

そんなことを試してみてはいないでしょうか。

でも

例えお金持ちになったとしても

苦手な人と関わらないようにしても

思いっきりストレスが発散できたとしても

 

根本的にストレスから自由にはなってないのではないでしょうか?

 

ストレスから自由になれない原因は

人間の存在の理由にあります。

 

そもそも人間は

ストレスを感じるように存在させられているのです。

 

何のために?

それは

ストレスを感じて

自分を否定して

相手を否定して

本当の自分を知るためです。

そのために人間は生きています。

 

なので

ストレスから自由になるためには

本当の自分は何なのか?を知らなくてはいけません。

 

本当の自分を知るためには

脳の観点の外に出なくてはいけません。

それはnTechによって可能です。

 

本当の自分を知ったら

いつもすっきりワクワクで

どんな嫌なことがあっても

楽しめる

そんな生き方が出来ます。

 

私のすっきりワクワクの生き方をスタートさせるきっかけのお話はこちら

yuya-odahara.hatenablog.jp

 

リモコンを投げたら、目に映るすべてが消えちゃった話。

こうして私は今の私になった。

 

 

テレビ好きだった昔の私

昔の私はテレビが大好きだった。

なぜなら、いろんな世界を見れたから。

ほんとうの私は教室でひとりぼっちの私。

だけれども

テレビをつければいじめられっ子を救うヒーローになれた。

昔にタイムスリップして過去を変えることだって出来た。

 

 ザッピング 

テレビ好きを加速させた一人暮らし。

自分だけのテレビ。誰にも邪魔されない環境。

そのなかで身につけた技、ザッピング。

リモコンは私の理想を叶えてくれる道具だった。

私は自分の指でボタンを押して、自分の好きな番組を、好きなように、好きなだけ、自由に選択できている。

そう思い込んでいた。

 

テレビの裏側

あるとき気づいた。

私は見たい番組を見ていた訳ではなく、決められた番組を見させられていたことに。

マスコミの支配。

既得権益。情報操作。

私は自分で選択していたのではなかった。

全然、自由じゃなかった。

 テレビの裏側、世の中の裏側。

 

目に映るすべてが消えた

 私は何もかも信じられなくなった。

家族も学校も、上司も友達も。

そして追い求めた。

この世界の真実を。

探しても探しても見つからない。

この世界に確かなことなんて一つもないじゃないか。。

沸々とわき上がってくる怒りを感じて、私はリモコンを投げた。

すると、目に映るすべてが消えた。

 

ザッピング・ライフ

そこにあったのは真実だけだった。

ただ、それだけがあった。

そこから観えたんだ。

この現実が創られていく仕組み。

この人生というゲームのルールと目的が、はっきりと。

ほんとうの私は、可能性そのもの。

どんな現実も自由につくれる。

私を支配できるものは何一つない。

 

ザッピング・ライフ

好きなことを、好きなように、好きなだけ

あなたの目の前に映し出せる、生き方。

f:id:yuya-odahara:20180206010844j:plain

自己否定感を克服する唯一の方法

f:id:yuya-odahara:20180625204539j:plain

 

 自己否定感のいろいろ

ついつい自分のミスだと思ってしまい自分を責める。

人から指摘されたことをいつまでも引きずってしまい気分が落ち込む状態が続く

自分に自信がないので、思い切った選択が出来ず安全な道を選択する。

何もないのに常に不安。

否定の考えがでると止まらなくなる。

 

なかなか自信が持てずに

自己否定を繰り返してしまうこと

よくありますよね。

 

本当は

どんなことにも動じず

ぶれない心でいたいのだけど

なかなかうまくいかない。

 

自分なりに考えた対策 

だから

ポジティブに物事をとらえてみようとか

お酒を飲んで嫌なことは忘れようとか

マインドを整えるためのセミナーに参加しようとか

 

いろいろ考えて

なんとか自己否定感を克服しようと

努力してきましたよね。

 

でも

一時的にはうまくいったように感じても

時間が経つと

もとの自己否定する自分に戻ってしまう。。

 

自己否定感の原因とは?

自己否定感の原因とは

何だと思いますか?

 

その原因は

自分自身をどう思っているのか?

という

自分自身に対する認識にあります。

 

人それぞれ

自分自身に対する認識は

違うので

自分の認識のパターンが知りたい人は

無意識エンジン発見セッションがおすすめです。

 

無意識エンジン発見セッションの記事はこちら

yuya-odahara.hatenablog.jp

 

自分自身の認識のパターンが

例えば

自分は価値のない人間なんだと

いうパターンであれば

 

常にその認識のパターンから出発してしまうため

自己否定感は続いてしまうのです。

 

自己否定感を克服するためには?

では

自己否定感を克服するためには

どうしたらいいのでしょうか?

その解決のカギは

認識の変化にあります。

 

自分自身をどう決めつけているのか

その認識のパターンを変化させることで

自己否定感を克服することができます。

 

認識を変化させる道具として

nTechがあります。

 

認識の変化がおきれば

どんなことにも動揺しない自信感を得ることができます。

常に満たされている自己肯定感のある自分になれます。

ミスを恐れずにどんなことにでもチャレンジできるようになります。

 

自分の人生をリセットし

新しいスタートを切ってみたい方は

ぜひnTechにふれてみてください。

 

お問い合わせ

https://www.secure-cloud.jp/sf/1526702331PanSpcMq

 

私の新しいスタートを切れたきっかけを書いた記事はこちら

yuya-odahara.hatenablog.jp